シーリング材について

PR|上越市で子育て世代の家作り

シーリング材が建築物の水密性や気密性を目的とする防水の材料である為には、その役割自体は長期的に維持されなければいけないことです。それと当時に建物の美観を損なう事が起きてはいけません。

これらの条件を整理すると、シーリング材に必要な3つの条件とは、まず初めに水密性であり、気密性を付与できる材料である事になります。

また、目地のムーブメントに追従できている事。耐久性に優れているという事になります。
シーリング材に必要な性能は外壁の目地に充填した事でその外壁の機能を損なう事があるといけません。
容器から出して目地に充填するまででは、混ぜやすさと押し出し易さ。目地に充填した後から硬化するまででは、できるだけ早く硬化する事と色調などの外観の点。粘着力などがあります。硬化した後では、ムーブメントに追従出来る事。はく離しないこと、自然現象による長期にわたって水密性と気密性を損なわない事。環境に害をあたえないなどがあります。