住宅を建てる際に地震についてやはり考える

一戸建て住宅を建てる際には、もちろん自然災害のことは気にかけました。とくに私たちが一戸建てマイホームを建てた時期は、大きな地震が起きた頃でしたので、否が応でも「地震に強い家ついて」ということを考えることとなりました。

「家を建てても、あんなに大きな地震がきたら、太刀打ちできないよね」「だったらずっとマンション暮らしの方がいいんじゃない?」「私たちは木造住宅を建てようとしているけれど、マンション住まいなら鉄筋だから、地震に強いのかも知れない」などと、実にたくさんのことを考えました。

けれど、結局このような結論に達したのです。「やっぱり家を建てよう」と。そして、耐震性についても他の家同様に、最低限のことをするに留めました。そりゃあ欲を言えば、耐震性バッチリの家を建てたいです。しかしそうなると、鉄筋を多用することとなり、お金がグンとかかります。

そしてまた、自然災害については、いつどこで起こるかわからないから、仕方がない部分もあるかなと思ったのです。そしてだからこそ、割り切って相場並みの費用で家を建てようと思いました。「一生に一度の家だから!」と、お金をかけすぎたら壊れた時にものすごく落ち込むかも知れないと。うちは台風の被害がないとは言えない地域ですし。

家についても考え方は人それぞれなので一概には言えないものです。とりあえず、我が家はこのような考えで家を建てましたということで。参考までに。