太陽光の発電コストについて

太陽光発電のコストは、設備の価格によって一般的に決める事が出来ます。
可動に燃料の費用は必要無い事、保守管理費用も比較的少なくできています。
エネルギーのセキュリティを向上するなどの付加価値的なコスト上のメリットも有ります。特に昼間の時間帯の電気使用の需要ピークカットのコスト的メリットが大きいとされています。発展途上国で送電網が未整備である場合では、消費電力に比べて電気を送る燃料輸送費や、保持するための保守費が高い事があります。特に離島や宇宙、砂漠などでの場所では、現状況でも他の方式に比べると最も安価な電源として利用されています。
設備の導入費用の内訳のほとんどは、太陽電池パネルモジュールそれ以外の工事がほとんどで。流通・周辺機器の割合がとても大きく、2011年時点のパネル製造費割合が2割程度とされています。パネルの費用以外の所の費用が特にかかると言っても良いでしょう。
http://reform-konuma.jp/example/